★★★★★★★★★★★★★★ スーパーカーギャラリー ★★★★★★★★★★★★★★

スーパーカーブームを育てた企業
サンスター 編

★★★★★★★★★★★★★★ 2003年4月更新 ★★★★★★★★★★★★★★


★ サンスター

 お馴染みの有名企業さんですね
スーパーカーブームを語る上で欠かせないメーカーさんなのです
↓の資料でわかりますように
伝説のイベント「スーパーカー・世界の名車コレクション’77」のスポンサーさんです。

 このイベントがなぜ伝説かと申しますと
当時すでにスーパーカー系のグッツは開発、販売されておりましたが
実車のスーパーカーを展示しイベントとする「スーパーカーショー」という発想はまだ無かった
・・・もしくは そんなに大きな波になっていなかったという時代です。

 初日の5月5日、会場から駅まで伸びた入場待ちの列に1時間繰り上げスタート
そして本来の入場開始時間には満員札止めという異常事態発生
サンスターの用意した10万枚のチケット客に当日入場券5万枚が完売
会場は人の波で覆い尽くされた。

 4日間のイベントで46万人を動員、1日10万人以上というとてつもない数字に
当時のマスコミは「スーパーカーブーム」を社会現象として紹介
全国各地で行われた「スーパーカーショー」は
この現象をみて集客イベントに最高!と各地のスポンサーに歓迎された。

 ちなみに公共ホールの入場人員規定の見直しや
現在のイベント会場でも行われる 入場〜観覧〜退出のシステムも
このイベントが契機になったといわれています。


 (栗ちゃんはこの頃 子供でしたので 近年の資料より調べました
  間違い等がありましたら 是非 ご指導いただけましたら幸いです。)


←キーホルダー

サンスター
トニックシャンプー
全員プレゼントもの
当時はこうして
おまけがついていた
サンスター「スーパーカーショー」のご招待「ハズレ」通知
1977年 5月5日〜8日 東京・晴海で行なわれた
「スーパーカー・世界の名車コレクション’77」のものです。
4日間の観客動員数は、なんと46万人というのですから・・・。

10万枚配られたチケット・・・でもこれはハズレ、応募数は・・・。
★ サンスター・ファンシーバン

いわゆる「傷バン・テープ」です。
人気のカウンタックの絵が
傷バン本体にも入っています

当時のスーパーカーブームが
生活のいたるところに影響していた
そんな様子が伝わる珍品では?


「サーキットの狼伝説」 by 栗ちゃん
http://www.echigo.ne.jp/~mm817/