フェラーリ ディノ レーシング・スペシャル
(フェラーリ ディノ RS)
〜風吹 裕矢の駆った幻の名車〜

 
 サーキットの狼に魅せられスーパーカーブームに吸い込まれた
当時少年だった僕らに忘れられない1台の車であろう・・・DINO RS。

 風吹の愛車として流石島レースを疾走し数々の名場面を残した
その記憶は今でも薄れることなく鮮烈に覚えている。

 このDINO RS、ご存知の方も多いとはおもうが実際には存在しないマシンである
近年の池沢先生も書かれているようにサーキットの狼上のワンオフレースカーで
 (1967年のピニンファリーナによる プロトティーポ・コンペツィオーネが原案)
「かっこいいっ!」「沖田と一緒に走れるっ!」という事から 風吹のマシンになった。

 最高にかっこいいマシンに主人公を乗せた池沢先生のまっすぐな姿勢が
DINO RSという幻の車を いまだに憧れのスーパーカーにしているのでしょうね
「スーパーカー少年たちの心の中には間違いなく存在する究極の1台!」


フェラーリ ディノ レーシング・スペシャル
〜 オリジナルデザイン 〜



28分の1スケールの狼パッケージ RS
 スーパーカー世代にはお馴染みの
「NITTO」プラモデルの狼シリーズです。


 ディノRSが漫画に登場する時代は
すでにスーパーカーブームの真っ只中
その為、池沢先生とメーカーで打ち合わせが
行われたといいますから
NITTO製が池沢RSをモデル化した原型
という事になるのでしょう

 後年、SUNNY、BLUE TUNKより再販。

「これが ディノ RSだっ!」
28分の1 再販されたBLUE TUNKより
(狼パッケージの再販はありません)

↑24分の1シリーズの狼パッケージ
「ディノ レーシングスペシャル」



レーシング・スペシャルとコンペツィオーネを性能比較

性能比較
ディノ RS By 池沢 さとし
全長 ? mm
全幅 ? mm
全高 ? mm
DINO コンペツィオーネ
全長 4265 mm
全幅 1685 mm
全高 1030 mm
DINO246GTB
(公道グランプリ沖田のマシン)
シャーシ DINO206
フェラーリV8
フェラーリ308用 3000cc
エンジン ディノV6
1987cc
380PS/10000rpm 最高出力 218bhp/9000rpm
300キロ以上 最高速度
約700キロ 車両重量 約700キロ
ヤタベ
(フェラーリメカニックが来日作成)
製作 ピニンファリーナ
(シャーシはフェラーリ)
主なデザインの相違点
大きなリップスポイラー フロントスポイラー 珍しいハイマウントタイプ
ビタローニのセブリング? フェンダーミラー フェンダーにミラーは無い
ボディ同色でフェンダー一体?
翼端板がついている。
リアウイング ステー取り付け式
板状のウイング

・・・っと とりあえず 確かに違うんだなぁ〜と比較してみました。


DINO コンペツィオーネとは?

〜 ベルリネッタ・プトロトティーポ 〜
コンペティツィオーネ
 1967年フランクフルト・モータショーで発表展示された
ピニンファリーナによる 206型のプロトタイプモデル
当時最新の空力科学を投入した斬新なスタイルが魅力。
 主デザインはパウロ・マルティン。
彼の代表作には大阪万博で話題になった「モデゥーロ」等がある。
ダイキャスト製ミニカーでのコンペツィオーネ
トミカスケール
ティントーイ
1/43サイズ
ポリトーイ
1/38サイズ
ダイヤペッド
1/28サイズ
エイダイグリップ

ミニチュアDINOシリーズを楽しく拝見できるページをご紹介。
 ページTOPから「特集」をクリック
特集その11でDINOを取り上げておられます
その他にも魅力的な内容が盛りだくさん。
 ページTOPから 少しスクロールダウンし
「スーパーカーのコーナー」をクリック
スーパーカーの画像をクリックするとご覧いただけます
素敵なDINOが並んでいます。

意外と少ない DINO RSのミニチュア

 池沢先生の劇中オリジナルデザインですから
さすがに世界で生産されているフェラーリミニカーの中にもRSはありませんし
当時のNITTOがミニチュアカー製造版権を持っていたことから
RSは人気の割りにモデル化がすくないのですよね。

 また、コンペツィオーネ自体もショーモデルのプロトタイプカーということで
決してモデル化は多い方ではありませんでした(世界的にみて)。

 ちなみに日本国内ではコンペツィオーネのボディにRSという
「名前」や「シール」を貼ったりして販売したケースはあるにはありましたが。

★ 近年発売された 狼ファンによる レジン製のレーシングスペシャル ★

レジン製のDINO−RSのキット 「スタイル43」
貴重な1/43モデルのタイプRS
難易度が結構・・・
しかしありがたいモデルです♪
「NEKO ワークス」
オリジナルのデフォルメがかわいい
ワンボディ設計です。
バリ取り等の下地作業は必要です。

時は来たっ! 狼とスーパーカーブーム・・・究極の1台だっ!
池沢先生の画いた最高のマシン、製品化を熱望っ! もう一度燃えさせてくれっ!


 現在のDINOミニチュアカー事情を書かせていただきます
フェラーリのダイキャストミニカーは近年、版権により製造できるメーカーが限られております。

 また、サーキットの狼のミニチュアもしかり
よって 今回特集した DINO−RSを再び製品化する為には
2つの版権をクリアーしないといけない状況なのです、結構きびしい環境ではあります。

 しかし! 実は「希望の光」が大きく存在しているのですっ!
ホビーメーカーの京商(kyosho)さんです、現在「サーキットの狼シリーズ」を展開し
フェラーリミニチュア製造の許可を持つ、唯一の国内メーカー。

 京商の狼シリーズで「ディノRS」に再会できることを期待・・・いや信じて待っていますっ!

※ 資料・解説等に不備及び間違いがございましたら アドバイスくださいませ ※

企画・特集 By 栗ちゃん@スーパーカーお馬鹿
kurichan@csc.ne.jp


「サーキットの狼伝説」 by 栗ちゃん
http://www.echigo.ne.jp/~mm817/